健康Q&A

お客様の健康に関する疑問を解決いたします。

お薬と上手に付き合うには?
薬は病気を治したり、症状を軽減させたりして身体的にも精神的にもQOL(生活の質)、ADL(日常生活動作)を高めるという大きな役割をもっています。しかし残念なことに殆どの薬には大なり小なり副作用があります。その為、薬は適正なものを選び、適正に使用することによって最大限の効果を上げる必要があります。選び方、使い方については、お気軽に薬剤師にご相談下さい。
かかりつけ薬局とは?
薬の管理を任せられる薬局、気軽に相談する事の出来る薬局です。
患者様毎に、「お薬の記録(薬剤服用歴)」や「お薬手帳」を作成しています。「アレルギー歴、副作用歴、既往歴、併用薬、生活習慣など」についての記録を管理する事で、複数医療機関からの処方せんによる「重複投与」「相互作用」等の確認、処方薬と市販薬、健康食品、食べ物などの「相互作用」の確認が可能となります。
「かかりつけ薬局」では、お薬の事だけでなく、健康上の様々なご相談に応える事が出来ます。 当薬局は、皆様の「かかりつけ薬局」となれるよう、処方薬のみならず、市販薬、健康食品、介護用品、医療品など多岐に亘りお役に立てるよう努力して参ります。
お薬には色々な形がありますが、なぜですか?
薬に様々な形(剤形)が存在する理由は

@薬を使い易くする(飲み易い剤形を選べる)
A治療効果を最大限得られるようにする
B副作用を出来るだけ少なくする

等の事が、考えられます。代表的な剤形に次のようなものがあります。

・内服薬
・錠剤、カプセル剤、散剤、細粒剤、顆粒剤、ドライシロップ、シロップなど
・外用薬
・軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤、湿布剤、貼付剤、坐剤、点眼剤、点鼻剤、吸入剤など
・注射薬
・インスリンなど

飲みにくい、使いづらい場合は、医師や薬剤師にお申し出下さい。
お薬の上手な飲み方は?
薬を服用する時は、次の点に注意しましょう。

@上半身を起こして、充分な量の水またはぬるま湯で飲みましょう(およそコップ一杯が目安)。 *水分制限のある方は、指示通り服用して下さい。
A錠剤をつぶしたり、カプセル剤の中身を取り出して飲む事はやめましょう。 *飲みにくいなどの理由で粉砕をご希望の方は、医師や薬剤師にお申し出下さい。
B薬は包装から外して飲みましょう。
C薬を服用したら、アルコールの摂取は控えましょう。
お薬の服用時間の目安は?
食前:食事のおよそ30分まえ
食後:食事のおよそ30分あと
食直前:食事の直前
食直後:食事の直後
食間:食事と食事の間の空腹時
起床時:朝起きた時
就寝前:寝るまえ
頓服:必要な時に服用する
お薬の飲み忘れを防ぐ為には、どうしたら良い?
当薬局では、飲む時間毎に薬を1つの袋にまとめてお渡しする等の工夫を行っております。 「薬の種類が多くて困っている」等ございましたら、薬剤師にご相談下さい。
また、薬の整理に便利な「おくすりケース」も各種ございます。店頭スタッフまたは薬剤師にお気軽にご相談下さい。
お薬を飲み忘れた時は、どうしたら良い?
薬を飲み忘れた際にどうするかは、飲んでいる薬の種類、患者さんの状態によって異なってきます。長期服用の際は主治医の指示をもらっておくと良いでしょう。 2回分を一度に服用することは、ほとんどありません。
特に指示のない際は、下記の服用間隔を参考にすると良いでしょう。

1日に服用する回数次回服用までの間隔(時間)
1日3回服用4時間以上あける
1日2回服用5時間以上あける
1日1回服用8時間以上あける
お薬の飲み合わせについて
処方された薬だけでなく、処方薬と市販薬、処方薬・市販薬と健康食品・食べ物などで飲み合わせに注意が必要な場合があります。
また近年ジェネリック医薬品の普及などにより、薬の名前が異なっていても同じ成分の薬が処方されている場合などがあります。
多科受診の際、市販薬を購入される際には、必ず医師・薬剤師に服用中の薬をお伝え下さい。
当薬局では、服用中のお薬の記録を「お薬手帳」に記載しております。ご希望の方は、薬局窓口でお申し出下さい。また、市販薬購入の際にも、「お薬手帳」を薬剤師にお見せ下さい。
お薬の正しい保管方法で気をつける事は?
@直射日光を避け、高温多湿な場所で保管するのは止めましょう。(例 台所、暖房機器周辺、閉め切った車の中など)
A容器を移し替えるのは止めましょう。
B食品と一緒に保管するのは止めましょう。
C小さな子供の手の届かない所に保管しましょう。
D 飲み残した薬や使用期限の切れたような古い薬は処分しましょう。
お薬の使用期限の目安ってあるの?
処方された薬に関しては、原則的に指示された期間に使用して下さい。
市販薬では、次の期間を目安にお使い下さい。
開封してないもの開封されたのも
容器に書いてある使用期限まで
*表示がなければ、3年以内が目安
錠剤(ビン入り):6ヶ月
シロップ剤:1週間〜10日
目薬:1ヶ月
軟膏(チューブ入り):使用期限まで(但し、清潔使用時に限る)
*期間は、原則的な目安です。保管状況、季節などにより異なります。

TOP
会社概要店舗案内ヘルスアップメンバーのご案内採用情報お問合せ